不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

不妊・妊活に関わるAglyMax(R)(アグリマックス)の効果についての新論文

2017年9月、不妊・妊活に関連する「AglyMax(アグリマックス)」を用いた新たな研究論文が「Clin.Exp.Obstet.Gynecol.2017;XLIV(4)」に掲載されました。
ここで改めてアグリマックスの効果が再確認されたことになります。

これまでの研究では、「AglyMax(アグリマックス)」の原料メーカーであるニチモウバイオティックスと東京医科大学婦人科教室(井坂恵一教授)との共同研究によって「AglyMax(アグリマックス)」が、受精卵の着床に重要な働きを持つ着床関連因子「LIF」(Leukemia Inhibitory Factor)の発現を増加させることが確認され、2011年12月に行われた第56回日本生殖医学会にて研究結果が発表されています。

本研究論文では、同教室との共同研究によって「AglyMax(アグリマックス)」が「LIF」の情報を受け取る受容体「mRNA」の発現を増加させることが確認された、ということです。

また過去の臨床試験では、平均不妊期間26.5ヶ月の不妊・不育に悩む女性35名(平均年齢34.4歳)を対象に、「AglyMax(アグリマックス)」を一日60mg(イソフラボンアグリコンとして20mg)を3ヶ月間摂取してもらった結果、35名中34.3%の12名が妊娠されたという結果が出ています。

「AglyMax(アグリマックス)」が不妊治療・妊活サポートの分野でさらなる有効性や効果が期待されます。

関連記事

  1. 妊活ブログ:胚移植後に温めるのはよくないの?
  2. しばし休憩の話題
  3. 妊活ブログ:着床後、そして陽性反応後、大切なこと
  4. 妊活ブログ:妊活・妊娠中のカフェイン摂取
  5. 妊活には一日一万歩??
  6. 続けることは難しいけど大切だ!
  7. 妊活ブログ:持病は必ず告げよう
  8. 妊活ブログ:妊活とはすなわち抗酸化

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP