不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:食べすぎが冷えの原因

こんにちは。神戸の老舗妊活サポート専門「ながいきや本舗」店長兼不妊カウンセラーのマツムラです。

ようこそ、妊活ブログへ!どうぞ最後までお付き合いくださいね。

さて2018年も一ヶ月経ちましたが、さすがに12月からの、クリスマス、忘年会、年末年始、新年会。。。などなど怒涛のイベント期間は終了、というところではないでしょうか。

え、そんなことない?節分があるじゃん??バレンタインデーも!

はい、確かにそうです。

楽しいことは素敵なこと!続いて欲しいと思いますが、でも一方で冷静に考えたいのが食事の量。

「食べられる」というのは元気の証拠です。

食べてエネルギーを蓄えることは大切なこと。

でもやはり「過ぎたれば尚及ばざるが如し」。

食べ「過ぎ」は、からだにとって「害」となってしまいます。

それが一番顕著なのが「メタボ」「肥満」を原因とした生活習慣病ですが、実は「冷え」も、食べすぎが引き起こす症状ということはご存知でしょうか。

食べて発生する熱はどこで作られる?

食物が消化される時には、胃腸の壁に多量の血液が流れ、胃腸を働かせています。

そして、、食べ物の中のたんぱく質や脂肪・糖などの熱源が細胞で利用されて、熱が発生します。

実は、からだの中で熱が作られる場所は

皮膚(約5%) 脳(約18%) 肝臓(約20%) 腎臓(約7%) 筋肉(約22%) その他(約17%)

で、こうした臓器に血液が豊富に供給されて、熱産性を高めています。

食べすぎが冷えを引き起こす仕組み

でも、食べ過ぎたら、どうでしょうか?

消化・吸収のために、胃腸に血液を集めなければいけません。

そうすると、熱を作るために血液が必要な骨格筋、脳、心臓の筋肉などの器官や細胞への血流量が低下します。

当然、供給される血液の量が少なければ、熱の産出量が減ってしまいますね。

なので結局、体温が下がってしまう、ということなのです。

更に、食べすぎが続くと、さに消化活動にかかる時間は増し、逆に産熱量はもっと減り、ますますからだが冷えてしまう・・・

という悪循環に陥ってしまいます。

どうでしょうか。お心当たりはありませんか?

もし、からだの冷えを感じていて、最近食べ過ぎてるな、と思ったら、その冷えは食べすぎが原因かもしれません。

「冷え」解消には、熱をたくさん産み出す臓器に血液をたくさん供給すること。

つまり、食べすぎ禁物!!

楽しいイベントが続いても、食生活は冷静に。


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. 妊活ブログ:サプリメントの選び方
  2. うれしいできごと
  3. 妊活中サンマットを使った方の感想
  4. 着床環境を整えるのは、「AglyMax(R)」だけです!
  5. 妊活ブログ:卵管を大切に
  6. 妊活ブログ:卵子凍結について
  7. 脂肪酸シリーズ:2本の腕でつながっている不飽和脂肪酸には種類があ…
  8. 冬の妊活キャンペーン開催中です!

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP