不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:ステップアップのタイミング

こんにちは。神戸の老舗妊活専門「ながいきや本舗」店長兼不妊カウンセラーの松村恭子です。
ようこそ、妊活ブログへ!
ぜひ最後までお付き合いくださいね。

今回は、不妊治療のステップアップについてお話しようと思います。

ご存知の通り、不妊治療は、タイミング法・人工授精・体外受精(顕微授精)の主に3つがあり、タイミング法と人工授精は「一般不妊治療」、体外受精(顕微授精)は「高度生殖医療(ART)」と分けられます。

そのうち、体外受精(顕微授精)はその設備が特別なため、限られた施設での受診となります。

登録施設は、以下の通り、生殖医療に携わる医師で組織される「日本生殖医学会」で紹介されています。

参照:生殖医療登録施設

そして、不妊治療の順番としては、まずはタイミング、次に人工授精、そして体外受精、が一般的です。

しかし、一概にそうとも言えません。

ではそのステップアップの目安は、どう考えればいいのでしょうか。

ステップアップの目安

治療のステップについて、不妊治療第一人者のリプロダクションクリニック大阪・東京の松林秀彦先生は、次のようにおっしゃっています。

35歳未満:タイミング3回→人工授精5-6回→体外受精

36~37歳:(タイミング法は行わずすぐに)人工授精3-4回→体外受精

38-39歳:(タイミング法は行わずすぐに)人工授精2回→体外受精

40~42歳:(タイミング法は行わずすぐに)人工授精1回→体外受精

43歳以上:すぐに体外受精

このように、タイミングは行わずに人工授精から始める、または、人工授精さえも行わずいきなり体外受精、と年齢よってその目安は違うようです。

参照:松林 秀彦 (生殖医療専門医)のブログ

ただこれも、その年齢だから、といって皆がそうしなければ、ということではないと思います。

年齢が同じでも、おからだの状態は人それぞれです

不妊治療専門のドクターの中でも、いきなり体外受精をしないとダメなのか、まずはタイミングや人工授精ではいけないのか?と問題提起をされている方もおられます。

それについては、こちらでお話していますので、よかったら併せてお読みくださいね。

参照:妊活ブログ:治療方法の選択

監修:日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー 松村恭子


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. ながいきや本舗のマツムラです。【言葉遣い】
  2. 妊活ブログ:卵子がたくさん採れたら、逆に減る?
  3. 震えた言葉
  4. 妊活ブログ:二人目を望む時に気をつけたいこと
  5. 妊活ブログ:AglyMaxとDHEA
  6. 妊活ブログ:”精子力”に影響を与えるのは
  7. 膣の長さってどれくらい?
  8. 成長って子育てだけ?

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP