不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

妊活ブログ:寝る→ストレス緩和→卵巣機能アップ!

こんにちは。神戸の老舗妊活サポート「ながいきや本舗」店長兼不妊カウンセラーの松村恭子です。

ようこそ、妊活ブログへ!どうぞ今回も最後までお付き合いくださいね。

今回のテーマは、タイトルそのもの。つまり「寝る→ストレス解消→卵巣の血流アップ」。
結局卵巣の血流を上げることが、卵巣機能の向上につながるのですが、その仕組みについて興味深い発表がありましたので、ご紹介したいと思います。

卵巣細動脈とノルアドレナリンの関係

まずは、発表の内容をご紹介したいと思います。

第4回 日本自律神経学会賞(優秀論文賞)基礎部門 受賞者の声
金井千恵子(東京都老人総合研究所 自律神経部門)

第60回日本自律神経学会総会において、「ラット卵巣細動脈の観察とそのノルアドレナリンに対する反応」が学会賞を受賞いたしました。

このような栄誉ある賞を頂き、著者一同(金井千恵子、花田智子、内田さえ、堀田晴美、會川義寛)大変光栄で身の引きしまる思いでおります。

本論文は、排卵や女性ホルモン分泌を担う卵巣に、多数の微小血管網が存在すること、卵巣の細動脈径と血流が交感神経系の伝達物質ノルアドレナリンにより調節されることを明らかにしました。

卵胞に多くの微小血管網が存在することで、卵が養われ守られているのだろうと感激いたします。

その血管がノルアドレナリンにより著しく細くなることは、卵巣機能にも悪影響を及ぼしていることが予想されます。

月経障害や排卵機能障害などに悩む女性も多いといわれますが、私どもは今後ともストレスや閉経時の卵巣機能低下に自律神経がどのように関わるか、明らかにしていきたいと考えております。

(受賞対象となった論文は、自律神経第43巻5号410頁掲載の「ノルアドレナリンに対するラット卵巣細動脈径と卵巣血流の反応」です。)

ノルアドレナリンとは

「ノルアドレナリン」とは、神経を興奮させる神経伝達物質で、交感神経の末梢から放出されます。

意欲・不安・恐怖と深い関係があり、ストレスを受けると放出されるため「怒りのホルモン」とも呼ばれています。

副腎髄質ホルモンであるアドレナリンの前駆質でもあって、心筋,睾丸および卵巣ではアドレナリンより多く存在します。

ストレスと卵巣機能

今回ご紹介した研究によると、卵巣には多数の微小血管網が存在し、それが卵胞の発育を支えているのですが、ストレスがかかると、交感神経から放出されたノルアドレナリンが大切な血管を細くしてしまい、結果、卵巣機能を低下させ卵胞の発育を妨げることになるのです。

ストレスと卵胞を育てるホルモンの司令塔が、同じ「視床下部」のため、ストレスがかかると卵胞を育てるホルモンの分泌がおろそかになり

結果、卵巣内の卵胞が十分育たない、ということはわかっていましたが、この研究により、ストレスが直接卵巣に影響を及ぼしているということも明らかになりました。

つまりストレスは、ホルモンのバランスを崩すとともに、卵巣機能に直接影響を及ぼすことで、卵胞の発育をダブルで阻害している、ということです。

ストレスを緩和するには

とはいえ、誰しもストレスは避けたいと思っています。でも避けられないのがストレス。

好きでも嫌いでも、むこうからやってきます。

生きている上では、ある意味仕方がないことではありますが、だからこそ、ストレスをためない、ストレスがかかったらうまくなだめてそれ以上にしない、という工夫は必要だと思います。

ストレスがかかっている、ということは、つまり常に自律神経の交感神経の方が優位にある、という状態。

ならば、ストレスを緩和するためには、反対の副交感神経を優位にさせることが、一つの有効な手立てといえます。

副交感神経を働かせるための一番簡単な方法は、寝ることです。

つまり、ストレス緩和のためには、まず寝ること。そしてそれが、卵巣機能の低下を防ぎ、卵胞をしっかり育てることに繋がっていきます。

でも、ストレスがあるから、ストレスの原因やきっかけを考えることを止められないから、寝られないんです、と言われます。確かにそうでしょう。

ならば、考えを止める、ということを止めて、物理的に外から対策を講じてみてはいかがでしょうか。

その一つが、からだを温めること。

ストレス→交感神経優位→血管収縮→血流が悪くなる→からだが冷える、というプロセスになりがちなので、そこを外部から温めることで

血流が良くなる→副交感神経が優位になる→ストレス緩和、という逆のプロセスをたどることができます。

結局端的に言うと、ストレスがかかったら、卵巣機能を下げないために、からだを温めてゆっくり寝ましょう。

それだけでも、卵子の質を上げることになるのです。

▼参照
第4回 日本自律神経学会賞(優秀論文賞)基礎部門 受賞者の声

監修:日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー 松村恭子


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. 続けることは難しいけど大切だ!
  2. 妊活ブログ:採卵数が少なく胚盤胞まで育ちません
  3. 自分が大好きなことをするデイズ
  4. うれしい♪
  5. 備忘録:リハーサルにて思うこと
  6. 妊活ブログ:胚移植後に温めるのはよくないの?
  7. 妊活ブログ:イソフラボンが多のう胞性卵巣症候群の女性に有効
  8. 疲れていませんか??

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP