妊活サポートナビ

  1. イソフラボンの安心できる一日の摂取量は?

    イソフラボンは、大豆、特に大豆胚芽に多く含まれるポリフェノール。その分子構造が、体内の女性ホルモン(エストロゲン)と似ていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれます。 このことから、特に更年期にさしかかる世代以上の女性から、か…

  2. 卵子とミトコンドリア

    卵子と精子が受精した「胚」のゲノム(DNAのすべての遺伝情報)は、分割期胚になるまで活性化されません…

  3. 卵子の発育とストレス

    心理的なストレスは、卵巣から血液の流れの変更をもたらし、卵子の発育能を低下させるのではないかと考えら…

  4. PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)なら食事を見直す

    PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)は、排卵がうまくいかない疾患の一つです。そして、高GI食とは、…

  5. 妊活のためのビタミンDの摂取量

    近年、ビタミンDと生殖の関係が取り上げられています。※ こちら(妊活ブログ:ビタミンDと妊活…

  6. 黄体機能不全は存在しない?

  7. 受精卵(胚)への悪影響と良い影響

  8. 妊娠の成り立ちをおさらいしましょう【その2】

  9. 妊娠の成り立ちをおさらいしましょう【その1】

  10. 妊娠したら卵巣は休んでいるの?

  11. 妊活中、インフルエンザワクチンを接種して良いの?

  12. からだの冷えは異常分娩のリスクを高める

新着記事一覧

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP