妊活サポートナビ

肥満がミトコンドリアの働きを弱める

妊活中、だけでなく人生通して健康を維持するための問題として、一番先に挙げられるのは、もしかすると「肥満」かもしれません。

※ここでいう肥満とは BMI値が25以上の場合です。
<BMI値=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)>

その肥満の原因の一つが「体脂肪の蓄積」。

ですが、「体脂肪=摂取エネルギー量-消費エネルギー量」と思っていませんか?

実はそうではありません。

体脂肪とは「消費できなかったエネルギーの蓄積」。そのエネルギーを作り出しているのが、ミトコンドリアという器官です。

人は「糖」と「脂肪」から、ミトコンドリアによって、実際に利用するエネルギーを作っています。

その際

・ビタミン
・ミネラル
・酵素・補酵素
・酸素

を大量に消費します。

一方、エネルギーを産出すると同時に

・二酸化炭素
・窒素廃棄物
・活性酸素
・水

という副産物を作り出しています。

それら副産物は、皮肉なことに、作り主であるミトコンドリアを傷つけてしまいます。

なので、ミトコンドリアの機能を落とさないためには、これらを排除・排泄しなくてはなりません。

でもそれがうまくいかないと、

・ビタミン・ミネラル・酵素・補酵素の不足
・二酸化炭素の蓄積
・窒素廃棄物の蓄積
・活性酸素の蓄積

状態となり、ミトコンドリアが働けなくなるため「糖や脂肪の燃料はあるが、エネルギーを作り出すことができない」ことになります。

その結果「体脂肪は蓄積されエネルギーは不足」してしまうのです。

もし

・肥満
・むくみ
・冷え
・体力の低下(疲れやすい、慢性疲労)

を感じる場合は、ミトコンドリアがうまく働いていない状態であるといえます。

このような状態で、ダイエットのために単に摂取エネルギー量を減らしても、ミトコンドリアの機能が働かずエネルギーがもともと不足しているところに、さらに必要なエネルギーが補給されないのですから、さらにエネルギー不足となり、代謝が落ちてダイエットすることは難しくなります。

もちろん、摂取エネルギーが多すぎれば肥満にもなりますので、肥満の原因がそこにあると思えば、摂取エネルギーを減らし消費エネルギーもアップさせる必要がありますが、そうしても肥満が解消されない場合は、ミトコンドリアの機能が弱っている可能性があります。それが痩せにくい原因の一つです。

痩せやすいからだ/太りにくいからだを作り、妊活をスムーズに進めていったり、健康な生活を送るためには、ミトコンドリアを活性化し、体脂肪をエネルギーに変える力を強化することが先決です。


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. AglyMax ®(アグリマックス)とは?不妊・妊活における効果…
  2. ツボの刺激の仕方
  3. 「エクオール」もイソフラボンの魅力の一つです。
  4. 頭痛に効果のあるツボ
  5. 精索静脈瘤ってどんなもの?
  6. 子宝療養に良い温泉全国一覧【関西・中国・四国・九州エリア編】
  7. 喉の痛みに効果のあるツボ
  8. よく寝る女性は卵子を育てる!【メラトニンのお話】

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP