妊活サポートナビ

妊娠しやすいからだつくりのために:糖化を防ぐ2

前回の「糖化」のお話の続きです。

前回、

血糖をコントロールするインスリンというホルモンがうまく働かなくなる

血糖値が高い状態が続く

「糖化」が起こる

たんぱく質が変性し、「AGE」という老化促進物質が作られる

AGEが卵巣や卵胞液中にできると卵巣の機能が低下

ということを説明させていただきました。

妊娠しやすいからだ作りのために:糖化を防ぐ1

つまり、糖化によって作られる「AGE」は妊活の敵、というわけです。

今回は、この「AGE」を作らない方法について、お話させていただきます。

コツは、毎日の生活にあります!

1.食べる順番に気をつける

野菜・きのこ類

肉・魚などのたんぱく質

ご飯やパスタなどの炭水化物の順番で摂りましょう。

2.食後一時間内にウォーキング

食後一時間が血糖値が一番上がるので、この時に歩きましょう。

初めは5分から。

だんだん時間を延ばしていって、30分くらい歩けるようになるといいですね。

3.よく寝る

よく寝る

11時前には就寝し7~8時間眠りましょう。

4.飲酒の間隔を空ける

1日飲んだら、3~5日飲まないようにしましょう。

5.禁煙

たばこは絶対ダメ!です。

以上については、ぜひ実行していただきたいですが、逆を言えば

x 暴飲暴食
x 喫煙
x 運動不足
x 睡眠不足

が良くない!ということで、実は特別目新しいものでもないし、特別なことではありません。

そして一番大事なのは「笑う」こと!

不平、不満、不安、心配、・・・

など「不」のつく感情を持ち続けたら、せっかく日常生活を正しても、それ以上に活性酸素が出て「糖化」につながってしまいます。

人間だから様々な感情が湧いて当然です。

でも、妊娠しやすいからだのためには、「不」のつく感情はなるべく早く、すっと手放してしまいましょう。

それが「AGE」を防ぐ一番効果的な方法かもしれません。

監修:日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー 松村恭子


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. 妊娠できるできないはストレスに影響されるか
  2. サンマットの医療施設版サン・ビーマーの感想
  3. 健康のツボ
  4. サンマットってこんなに使える!ご家族みんなの有効活用術 ご両親の…
  5. 妊娠の成り立ちをおさらいしましょう【その2】
  6. 血流が悪いと何故悪いのか
  7. 良質な卵子を作るための遠赤外線治療による血流改善のメリット
  8. 無理をしないのがコツ! 共働き夫婦の妊活術

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP