妊活サポートナビ

精子には「電気」を感じる特殊な仕組みがあることを明らかにした。

大学ジャーナル
https://univ-journal.jp/29299/?show_more=1&fbclid=IwAR10QCCkdnu6210tlNfxHM-iLVFlCMTtTQ3t9pXJb5CB6ZaBFBRU-Wk34I4

(以下、抜粋)
大阪大学の河合喬文助教、岡村康司教授らの研究グループはマウスを用い、精子には「電気」を感じる特殊な仕組みがあることを明らかにした。

人体を流れる電気信号のメカニズムは古くから研究されていて「電位依存性イオンチャネル」という分子が電気信号を感知し、細胞内へのイオンの流れを生じることが知られている。

今回、研究グループはマウスを用い、独自技術により精子の鞭毛にVSP(電位依存性ホスファターゼ)が存在することを発見した。
VSPを欠損した精子ではこの「イノシトールリン脂質」の量と分布に変化が生じ、その結果精子の運動能にも異常が生じた。そのため精子は自らの電気信号を酵素活性へと変換し、運動能を制御していることが分かった。

精子独自の電気信号が精子の運動機能に重要であることから、不妊治療などへの応用にも期待される。

論文情報:【Proc. Natl. Acad. Sci.U.S.A.】Polarized PtdIns(4,5)P2 distribution mediated by a voltage-sensing phosphatase (VSP) regulates sperm motility

https://www.pnas.org/content/early/2019/11/26/1916867116

関連記事

  1. ストレス解消のツボ
  2. 妊活のためのビタミンDの摂取量
  3. 「エクオール」もイソフラボンの魅力の一つです。
  4. 妊活夫婦の「不妊外来を訪れるタイミング」とは?
  5. よく寝る女性は卵子を育てる!【メラトニンのお話】
  6. 喫煙は妊活に大打撃!夫婦2人で禁煙を始めよう
  7. 体外受精・顕微授精を受けた女性のイソフラボン摂取量と出産率は比例…
  8. 高齢の場合、初期の胚を凍結して移植のチャンスを増やす

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP