妊活サポートナビ

夫婦で刺激し合おう!妊活中にオススメな「ツボ 」と「押し方」

妊活中、体が冷えたり硬くなってはいませんか?
冷えや不調を改善するツボを押して、妊活に適した体に整えましょう!
詳しいツボの位置や、ツボ押しの効果をアップさせる方法をご紹介します。

妊活中におすすめのツボ【三陰交(さんいんこう)】


夫婦で刺激し合おう!妊活中にオススメな「ツボ と「押し方」

三陰交は「万能のツボ」と言われ、冷えや疲れをとるための代表的なツボです。
女性特有の不調にも大きな効果がありますから、調子が悪いと感じた時は積極的に刺激しましょう。
また、足のだるさやむくみにも効果的です。

■三陰交の位置
足の内くるぶしより指4本分上、脛骨(けいこつ)と筋肉の境目にあります。
内くるぶしの一番出っ張っている部分に小指を当てて探しましょう。

■三陰交の押し方
指先を使い、脛骨に向かって少し強めに刺激します。
息を吐きながら押し、吸いながら離しましょう

妊活中におすすめのツボ【湧泉(ゆうせん)】


夫婦で刺激し合おう!妊活中にオススメな「ツボ と「押し方」

湧泉は気力や体力を高めるツボとして有名です。
名前の通り「元気が湧きだす泉」のようなツボで、冷えの解消筋肉疲労に効果的です。
痛みを和らげる効果もあるので、生理痛に悩まされている時にもおすすめですよ。

■湧泉の位置
足裏の中央より、やや前方にあります。
土踏まずのやや上、足の指を曲げてへこんだ場所です。
押すと指がぐっと入るところだと覚えましょう。

■湧泉の押し方
親指や指の関節部分で、ぐっと強めに刺激します。
3秒押して、3秒離すことを繰り返しましょう。

妊活中におすすめのツボ【腎兪(じんゆ)】

腎兪は不妊症や更年期障害の改善のために、よく利用されるツボです。
生命力を上げるツボ」とも言われています。
精力アップの効果もありますから、女性だけでなく男性にもおすすめですよ。

■腎兪の位置
腰に手を当て、親指が位置するところ。
腰のくびれの高さにあり、背骨から両側へ指2本分離れた場所にあります。

■腎兪の押し方
両手で腰を挟むように掴み、背骨に向かって親指で刺激します。
3秒押して、3秒離すことを繰り返しましょう。

ツボ押しの効果を上げる方法


夫婦で刺激し合おう!妊活中にオススメな「ツボ と「押し方」

妊活中は夫婦のスキンシップが重要です。
しかしお互いに疲れていると、触れ合いが面倒な時もありますよね。
そんな時におすすめなのが、「お互いのツボの押し合い」です。

ご紹介したツボは疲労回復などの効果もあるため、男性側のリフレッシュにも繋がります。
「触れ合うこと=気持ちいいこと」だと自覚し合えば、スキンシップの頻度が格段にアップするはずですよ。

また、「アベンチュリン」というパワーストーンの併用もおすすめです。
癒し効果が高く、自律神経をサポートしてくれると言われています。
身に付けながらツボ押しをすれば、より一層高い効果が得られるでしょう。

妊活中のストレス緩和や疲労回復のためにも、ツボ押しとパワーストーンの併用をぜひ試してみてくださいね。


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. 妊活と関係の深い抗加齢メソッドについて
  2. ミトコンドリアは運動で増やせる
  3. 温浴効果アップを狙おう!妊活中の正しい入浴方法とは
  4. 黄体機能不全は存在しない?
  5. 体外受精・顕微授精を受けた女性のイソフラボン摂取量と出産率は比例…
  6. 意外と知らない!高温期と妊活の関係 意外と知らない!高温期と妊活の関係
  7. ミトコンドリアと健康 妊活との関わりは?
  8. 毒素は敵! 妊活中からできるセルフデトックス

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP