妊活サポートナビ

冷え症に効くツボ

三陰交(さんいんこう)

冬の寒い時期やエアコンの効いた寒い部屋にいると、
いつのまにか足首を組んでいることってありませんか?
そうしていると、少し温かくなった気がします。
ズボンの裾から少しだけ足首が出てしまった時も、けっこう冷えた感じがします。
なぜなら、そこには冷え性に効くツボ、三陰交(さんいんこう)があるからで、
三陰交が冷えたり温まったりすると体温に影響が現れるのです。

三陰交は内くるぶしから指4本分上にあります。
息を吐きながら指圧をし、息を吐きながら離していきます。
足をつかむようにすると◎です。
これを3回ほど繰り返すといいでしょう。
痛気持ちいい感覚であればOKです。
あまり痛いのは、腹部も冷えている証拠です。
冷え性の他に、頭痛・食欲不振・生理不順にも効くと言われています。

血海(けっかい)

血海(けっかい)は膝を伸ばした状態で、
膝の皿から2.5cm上がった膝の内側辺りにあります。
大腿骨のすぐ脇の痛みを感じるところです。

血の滞りをなくして流れを良くします。
血海(けっかい)は『血の道』ともいわれているので、
婦人科系の疾患にも効果的です。
生理痛や更年期障害など、
ホルモンバランスの乱れを整えてくれて症状を改善させてくれるのです。

椅子に座りながら、両手で同時に両足の血海を刺激すると良いです。
生理痛の場合は、左足の血海にしこりがあらわれます。

 


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. 睡眠不足は絶対NG! 「睡眠と妊活」の深い関係とは
  2. 妊活夫婦の「不妊外来を訪れるタイミング」とは?
  3. 妊活中のストレスを解消する方法
  4. ビタミンD不足で勃起不全が有意に増加する!?
  5. 妊活中、インフルエンザワクチンを接種して良いの?
  6. イソフラボンの安心できる一日の摂取量は?
  7. 胎児に影響も!? 妊娠中の薬の服用について
  8. 姑より問題アリ?妊活中の「実の両親」との向き合い方

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP