妊活サポートナビ

膝の痛みに効果のあるツボ

膝眼(しつがん)

年を重ねていくと、だんだん膝への負担が重くなり痛くなってきますよね。
曲げ伸ばしの動きがつらい、正座ができない、変形性膝関節症など。
酷く痛むようでしたら専門の医者に診てもらうのが一番良いですが、軽い場合は少し安静にしてみるか、
自分でサポーターなどを使ってみるのも1つの手ですね。

膝の痛みに効果的なツボもあって、膝眼(しつがん)といいます。
漢字の通り、『膝の眼』であり、膝の皿を中心にしてみると内膝眼と外膝眼が顔でいう眼の位置にあります。
膝の内側が痛む時には内膝眼を、膝の外側が痛む時は外膝眼を刺激すると痛みが和らぎます。

椅子に座った状態になり、内膝眼を中指で5秒間押し離します。
これを10回ほど繰り返します。外膝眼も同じ要領で押さえます。

お灸で3~5分温めるのも効果的です。
お灸の場合も痛い方の膝眼にすえてください。

膝に水が溜まったときや、リウマチにも効果的だといわれています。
まざ、膝だけでなく腰痛にも効果があるといわれています。

 


妊活にまつわる疑問にお答えしたPDF冊子「はぴたまBOOK」を無料でご提供いたします

はぴたまBOOK

ながいきや本舗店長で日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの松村と申します。

このサイトを訪れて下さったあなたは妊活をはじめられたばかりでしょうか。

それとも、不妊治療専門クリニックに通院中ですか。

もしかすると、今から妊活を始めるかどうか、何をすればよいか、迷っていらっしゃるかもしれませんね。

皆様の妊活のヒントになるように、長年に渡って書きとめてきたブログから、人気の記事を集めました。まずはこの「はぴたまBOOK」をご覧いただき、確実な一歩を踏み出してください。

こちらから無料でダウンロードできます。(スマホでもお読みいただけます)

※頂きましたメールアドレスにメルマガ「ながいきや通信」をお送りさせて頂きます。

お名前 ※必須

例)ながいきや 花子

メールアドレス ※必須

例)info@long-life.co.jp

関連記事

  1. 初期胚のグレードが悪いと妊娠しない?
  2. 妊娠確率をアップさせる薬膳の魅力と人気レシピ
  3. 姑より問題アリ?妊活中の「実の両親」との向き合い方
  4. イソフラボンの安心できる一日の摂取量は?
  5. 妊活豆知識「葉酸の摂取」は妊娠前から授乳時まで
  6. 黄体機能不全は存在しない?
  7. 不眠を解消するツボ
  8. 着床に不可欠なものとは?

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP