不妊カウンセラーマツムラの妊活アドバイス

不妊治療をどうするか?新型コロナウイルス対応として

新型コロナウイルスは、まだまだ収まる気配がありません。
そんな中、4月1日に日本生殖医学会から、不妊治療をされている医師、そして治療を受けられている方にあてて、新型コロナウイルスに対する声明が出されました。

日本生殖医学会は、全国の生殖医療に携わる医師が所属する団体です。

その内容は、正直、今不妊治療を受けられている方々には厳しいものでした。

その要約は

・新型コロナウイルスが妊娠、特に妊娠初期の胎児に及ぼす影響が明らかになっていない
・新型コロナウイルスの、母体から胎児への感染の可能性が不明
・妊婦さんが新型コロナウイルスに感染すると、重症化の可能性があると指摘されている
・感染時に使用される治療薬が、妊婦さんには禁忌(妊婦さんが服用してはいけない)

などの理由から、不妊治療で妊娠できてもその後の対応が難しいと予想されるので

新型コロナウイルスの急速な拡大の危険性がなくなるまで
もしくは
妊娠時に使用できる、新型コロナウイルス予防薬や治療薬が開発されるまで

・医師は、不妊治療を延期するかどうか当事者の方と相談する
・採卵できたら胚凍結して、移植の時期は検討する
・人工授精・体外受精・肺移植・生殖外科手術などの治療は、延期を考慮する

ということがお願いされています。

これに対して、不妊治療専門クリニックの対応は、それぞれです。

☆ Kクリニック
今後の治療について
1)採卵を含めて延期可能な治療については延期して頂く
2)新鮮胚移植予定の方には、全胚凍結に変更の上、胚移植を避ける
3)凍結胚移植予定の方には、胚移植を中止して頂く
を推奨。ただし、これは現時点での不妊治療の延期を推奨するもので、決して治療を行わないということではない。

☆ Aクリニック
2週間は、初診ならびに新たな治療周期開始の受付を原則停止。

☆ Hクリニック
今まで通りの診療を行う。当事者は個人個人により様々な状況の違いがあるので、治療の継続または一時延期などについては、担当医師と相談の上、最終的には本人の判断でお願いしたい。

☆ Mクリニック
不妊クリニックが感染クラスターとなってしまうリスクもあり、なにより不妊治療のゴールは元気な赤ちゃんを出産すること。妊娠したとしても、そのあとにこの感染症に罹患して、母児ともにリスクにさらされるようなことは避けたほうが良いと思う。よって、ある程度情勢が落ち着くのを待つのがベストな選択肢だろう。ただ、卵巣機能が低下している方や、比較的高齢の方については、日本での卵子提供が現実的ではない以上、特に採卵については時間的な余裕がない方も多いのも事実。よって、現時点では、個々に説明した上で治療方針を決定したい。

☆ Mクリニック
挙児希望の夫婦の気持ち、状況を推察し、学会の声明はあくまでも要請のため、新型コロナウイルス対策を徹底しつつ、当事者夫婦との十分な話し合の上、慎重に治療を実施継続することが妥当と判断している。

新型コロナウイルスの詳細がいまだわからず、治療薬も予防薬もまだできていない現状を考えると、どの選択が最良か、それは誰にもわかりません。
ドクターの方針もありますし、なにしろ、妊活中の方々の状況やお考えは、当然ながらカップルごとに違います。
なので、決断の内容も様々であって当然です。

また、情勢は日々変わっています。
この声明にも「今後の状況の変化に応じて、必要とされる対応策に変更があることにご留意ください。」とあります。

言えることは、「頭と心を落ち着けること」「この現状をふまえ、妊活についてご夫婦でよく話し合うこと」、そして、不妊治療クリニックに通われている場合は「担当のドクターに相談すること」。
決して、一人で悩んだりしてはいけません。
一人で決めつけてはいけません。
必ず、パートナーとドクターと、よくお話してください。

もしどこにも話せない、相談できない、のであれば、どうぞ、まつむらまでご連絡ください。
一緒に考えましょう。

電話:フリーダイヤル(平日9-19時)
e-mail : info@long-life.co.jp

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する日本生殖医学会からの声明(2020年4月1日版)

関連記事

  1. 妊活ブログ:やはり夏でも冷え対策
  2. 妊活ブログ:妊活中の妊娠しやすい食事とは
  3. 「血流をよくすれば、不妊治療のさまざまな問題が改善されます」vo…
  4. ソックスで幸せ♪♪
  5. 「血流をよくすれば、不妊治療のさまざまな問題が改善されます」エピ…
  6. 妊活ブログ:体外受精だけでなく妊娠のチャンスを逃さない
  7. 妊活ブログ:アイアンウーマンになろう!!
  8. 妊活ブログ:成長ホルモンは妊活においても重要です

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP