不妊用語集:ロバートソン転座

染色体のうち13、14、15、21、22番目の染色体のみで発生する転座。

通常の染色体には長腕と短腕がありますが、上記の5つの染色体は短腕が非常に短くみな同じ働きをし、長腕だけが重要な働きをしています。

その短腕部分が切り離され、長腕部分同士が統合して1本になってしまうことにより生じる染色体異常がロバートソン転座です。

ロバートソン転座は1,000人あたり約1人の割合ですが、持っていても殆どは、一見してわかる特徴を持っていません。

ただ「不妊」「反復妊娠不成功」「先天異常や知的障害のある子の出生」のリスクが高いです。

転座はこちらをご参照ください。

> あ行> か行> さ行> た行
> な行> は行> ま行> や行
> ら行> わ行

新着記事

妊活ブログ

貴月先生コラム

こうのとり調査隊

妊活手帳

はぴたまBOOK

こうのとり図書館

こうのとり川柳

こうのとり調査隊

PAGE TOP